MRIやブロック注射では効果なく腰痛で歩けなかった方の施術方法と詳細

股関節から左太ももの外側に痛みがあり、整形外科に行かれ、腰椎4,5番の軟骨がすり減っていて、すべり症も少しあるかな、と言われ、

MRIをとり、ブロック注射も3回打たれましたが、痛みがひかず、5分も歩くと痛くて歩けない状態でした。

自転車は大丈夫ということで、ここには自転車で来られました。これが乗れなかったら大変なことでしたね。

腰から、股関節、太ももの外側に張りがあり、硬い筋をとおりこして鉄板になってました。

こちらを、ほぐしながらも、体の歪みをとっていくことで、今ではだいぶ歩いても痛くならない、張りがたまってこない体になられました。

今では30分ぐらい歩けるようになられています。それ以上は、まだ試されていないみたいですが・・・

現在は、歩くためのストレッチやエクササイズで、筋力を活性化して整えるだけでなく、更なる体力づくりも行っています。

そして以前のように近所の体操教室にも参加できるまでに、なられました!

よくされました。まだまだ、あきらめずに元気でいてくださいね♪

78歳でも、これから楽しんでいく時でもありますからね。有難うございました。

この方の腰痛や股関節痛を克服された感想文は、こちらです。

2018年04月08日|腰痛:MRI, すべり症, ブロック注射, 股関節痛, 腰痛