頭痛、めまい、自律神経の更年期であるホットフラッシュが、出なくなりました。

そらりすの松多です!

だんだん秋めいて涼しくなってきましたね。

夏は暑いので冷房のきいた部屋にいすぎて、体が硬くなっている方、旅行や遊びで外出して、疲れている方、おのおのだと思います。

それと台風などの気圧の影響で、体調が崩れやすくなっていますが、うまくつきあって、健康をキープしたいところです。

さて、こちらに以前から来られている40代後半の女性の方から、嬉しいお言葉を頂きました。

「頭痛や、めまい、更年期のホットフラッシュ(上半身が暑くなる症状)が、出なくなりました。」

というお言葉です。

仕事をすると、まだ肩こりがあるということで通われていますが、歳はとっていくけど、健康状況はアップしている、向上している、というのが、ここに通っている成果ですね。

実際に、腰の反りが、まっすぐなニュートラルの位置にきており、頭蓋骨調整でからか、頬骨がへこんでいます。

そうやって、首や頭の部分の自律神経も正常になってきたのでしょうか。

痛みがとれるのは、もちろんのこと、こうやって年はとっていっても、健康状況はあげていきます!

そんなそらりすの整体+コンディショニングメニューは、こちら

6日間3回の施術で、寝違いで首が振り向けないストレートネック、これが大難になると頸椎ヘルニアになってきます

そらりすの松多です!

「ちりも積もれば、山となる」みたいに体も疲れをためていくと、凝りができて、そこから、腕があがらない、頭痛、首が振り向けないなど大難になってきます。

以前も、肩こりから、首が振り向けないまでなられ、頭痛もして、夜も眠れないということで40代女性の方がいらっしゃいました。

整形外科でレントゲンをとると、首の背骨である頸椎の上から4番目~7番目の間の椎間板が狭く、とげが出ていると言われたということです。

そして、首はS字カーブが理想ですが、まっすぐになっているストレートネックにもなっていると言われたそうです。

このストレートネックもひどくなると、首のヘルニアである頸椎ヘルニアという大難になってきます。

これは肩や首の痛さ、手足のしびれなどが出やすくなります。

そして、治るのに6ヶ月は、かかると言われ、首に輪っかをはめて来られ、一時期、車の運転もバックが振り向けないので、送り迎えで来られていました。

それをここ、そらりすでは、2回目の施術で首が45度振り向け、3回目の施術では、だいぶ振り向けるようになり、痛さもすごくましで、夜も眠れるということでした。

普段は一番早くても、次の施術まで1週間あけるのですが、緊急だったため、5日間で3回の施術で、ほぼ普段通りの生活ができるようになられました。

このように間をあけずに行うと、より深いところの施術もできるため、結果が出やすいです。

そして、余裕があれば、これがまた元に戻らないように、施術を受け、自分の正しい身体の感覚を覚えることで、多少、負荷がかかっても、同じ症状が起こらないとなってきます。

そこらへんも、そらりす独自の手法があります。

首も体の指令を出している大事なところですので、よくしておきたいところですね!

同じヘルニアでも、腰痛のヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアはこちらです。

 

1回で頭痛が改善!首の骨が飛び出ていたのがへこみました

そらりすの松多です!

暑くなってきた7月下旬ですね。

さて、こちらに50代半ばの女性のドライバーの方が、肩こりと首こりが常にあり、頭痛も出てきて、1日おきにロキソニンの薬を飲む、ということでした。

その10年ぐらい前は、背中が痛かった、ということで、少しずつ時間をかけてコリや疲れが溜まり、現在の肩こり、首こり、頭痛が起こっているようです。

そして、今ではスマホでニュースやゲームをする為に、余計になるんだろうな~ということでした。

まさにそのとおりですね。両肩は、どちらかにねじれ、肩が丸まる、という体勢になっていますね!

しかし、スマホは早くて便利で、画面も見やすいですね~

だけど見た後、目は疲れるし、その後、あまり何もしたくありませんね。(笑)

さっそく施術すると、首が前にいっていたのが後ろにいき、なんと首の骨が飛び出ていたのが、へこみました!

他、肩や骨盤、背骨の色々な調整を行ったところ、終わった時には

「頭痛が無くなりました」ということでした。

最後に立ち上がる時にも、本当になくなりました。ということで1回で頭痛が治まったということでした。

個人差はありますが、頭や首の位置や形を整えることで、頭痛や肩こり、首こりも治めていきます。

気圧の影響や、エアコンでの冷え、季節の変わり目の時期は、体が硬くなりやすいので、痛さが出やすい時期でもあるので、気を付けて下さいね。

この方も、後頭部や、おでこの形が変わり、頭痛や肩こり、背中のこりの改善になりました

脳卒中の、くも膜下出血の方が立てるようになり、4歩あるけました!

そらりすの松多です!

18年前に、くも膜下出血をされた方が、去年から、一人ではベッドから立ち上がれなくなってこられました。

それを「そらりす」の独自の整体とリハビリで、一人で立てるようになられ、棒を持ってですが、4歩あるけるようになられました。

脳の血管障害になると、普通の健常者の体とは施術後の反応も違い、時間が、かかります。

そして、拘縮(こうしゅく)も起こり、肘や手首なども折れ曲がり、半身不随により、右側は触っても感じない状態です。

よって、歩こうと思っても、足が動かなかったのが、リハビリにより、体がその負荷に耐えようと、足がしっかりしてきて、4歩あるけるようになってます!

そうやって微妙な体の調整もしていきます。

最近では、ジャニーズ事務所の社長も、くも膜下出血をされたみたいですね。

早く回復するには、身体が固まる前に、早くのリハビリが有効です。

みんな自分がそうなるとは思わずに、急に発症しますので、歳をとってくると若い時は出来ていても、今は少しゆるめ、セーブすることも大事ですね。

あとはストレスですね。答えが見つからないものは、「まぁ、いいか」と開き直ってくださいね。倒れるよりかは、よっぽどましです。

大病すると、健康の有難たみがわかります。

そして、その家族の方の介護というのも、重くのしかかってきます。はじめは大丈夫でも、長期間の何十年となってくると、無理がたたってきます。

その他に、旅行を行きたくても、その人を預けないと行けないし、なんか消極的な選択になってくるのも、いなめません。

日頃の生活習慣も、少しは振り返って出来る範囲で行いましょう。

また姿勢も血流良くなりますし、整体では、硬い所がほぐれますので、倒れる予防にもなってくると思われます。

ぜひぜひ、時間を有効に使うためにも、自分の健康を維持したいものです。

そらりす独自の整体の脳卒中リハビリの内容は、こちらです。

腰痛・膝痛のりこえ、後には機能面も高めてテニス大会で優勝

こんにちは、松多です!

こちらにテニスをされている40代女性OLの方が、約3年前から腰痛と膝痛を改善しに来館されています。

その腰痛、膝痛は、順調で、たまに膝が痛くなった時には、整体でとりのぞいていました。

そうやって週末に、テニスの練習、大会をこなされていました。

調子がいい時には、体のコンディションを整える整体のほかに、体幹や足腰、腹筋を鍛えるトレーニングやストレッチも行い、身体の機能面も高めておりました。

機能面とは、1歩が早くでる、足が軽く何か動けるとか、体幹がしっかりして打球が早くなった、俊敏に動ける、とか、体力がついたなどのことを言います。

整体だけでなく、希望される方には、こういったストレッチやトレーニングもメニューも入れていきます。

こういうのをたまにするだけでも、また腰や膝が痛くなってきたというのが少なくなりますし、もう再発しないという方も多数いらっしゃいます。

そうやってこの方も、アマチュアのテニス大会で優勝されました!

これこそ、パーソナルトレーニングですね。^^

ただ上を目指すと、それ相応のメニューというのもありますので、調子がいい時は、あと1歩上を目指す、という施術内容で、この方も優勝まで昇り詰められました!

今までの努力が実って良かったですね!おめでとうございます!

調子の良い時、悪い時、テニスのパートナー選び、仕事で大変だった時など、色々知っていますので、本当に私も嬉しいです。^^

昔の腰痛、膝痛が改善された写真はこちらです。

【写真あり】左肩から腕のしびれが、今は全く無くなりました。

おはようございます、松多です!

こちらに40代主婦のKさんが、1年前からの肩のしびれで、去年末にご来館されています。

ビフォーアフター写真を作りながら感じたのですが、写真からは微妙に首が左にずれています。結果、これが左の肩や鎖骨の神経を噛んでいたか、

もしくは首の頚椎症といって、首の骨の間がせまくなる症状で、ここで神経が噛まれて、しびれが出ていたようです。

しかし、これが実際に施術すると、もっと首のずれや首のつまりを感じました

そうやって、首を伸ばし、重心を真ん中にのらせ、O脚改善のトレーニングの施術を入れ、7回の施術で全くしびれが無くなりました。ということでした!

その7回の過程でも、まずはおおまかな身体のずれから改善していく施術を行います。

そして2回目、3回目と施術を行う前に、身体の様子を聞き、身体を診て、今回はどの施術を入れれば、効果的か、より変われるか見極めて施術をしていきます。

ただ、しびれが無くなると、忘れてまた前の姿勢に戻ろうとしてきます。

そうすると、又しびれが出てくる可能性があるために、Kさんと話し合い、その後も通われ、しびれをとるだけでなく、前の姿勢に戻さない為の施術も行いました。

それでは、頂いた感想文は以下です。

左肩から腕のしびれがあり来館しました。

他の整体院にも通いましたが、しびれが取れずにいました。

こちらで施術して頂き、今は全くしびれが無くなりました。

自分の姿勢のクセや家でできるストレッチを教えて頂き、快調になりました。

ありがとうございました。

ここまでです。

Kさん、しびれを自分で治せると信じて、よくここで行った姿勢を心がけ、またメニューをされました!これからは集中して物事に当たれますね。^^

他の整体院も2つぐらい通われたみたいですが、この首の平行のずれや、整形外科で頚椎症と言われる、首の縮んでる背骨を伸ばすのは、そらりすでは得意としております。

身体を真ん中にもっていき、そこから首を伸ばしていきます。

細かな作業で、1回目、2回目、3回目と随時、体の様子を書きとめ、うまく結果が出ないと、また違う施術のアプローチで少しでも真ん中に理想の身体をつくっていきます。

身体は機械じゃないし、木を切って常に同じ形を作るでもなく、人それぞれ違いますので、細かなところは、色々とトライ&エラーで、その方にあった施術を行い、結果、真ん中にいられる姿勢、身体にしていきます。

そして、その理想の身体を維持していく為に、その姿勢筋を身につける
メニューも入れて、再発しない体を目指します。

そうやってビフォーアフター写真では、わずかな違いと見えても、本人の中の感覚は、すごく違うんですね、軽く、痛み度も違っております。

Kさんの左肩から腕のしびれが、今は全く無くなった姿勢の写真はこちら!
その下の方には、他の3人の方のしびれが改善した写真もあります。

原因不明の全身の痛みが改善し働けるように!自律神経痛だったのか?

こんにちは、松多です!

先日、25歳の女性の方が、お蔭様で南青山で働くことになりました!という嬉しいご報告を頂きました!

以前は、頭痛や腰や股関節痛、肩甲骨周りが重く、目が開きにくい、けん怠感などで、よく寝込まれてました。

そして、大学に行けないぐらいの状態で、残念ながら辞められました。働くこともできず、家での療養となられました。

後々には原因不明の体の痛みで、大きな病院に行くと、原因不明の難病を告げられ、副作用も心配ですが、お薬を飲みながらの施術となりました。

しかし、あとで本人に聞くと、その難病の病気だと、もっと痛いみたいだから、自分はそれでは無いのかも、と思っていたということでした。

ここ、そらりすでは、そういった症状の方も多く見ております。

そういう方ほど、全身のゆがみから、筋肉や神経が硬くなっており、それが限度を超えると、痛さを通り越して、自分ではコントロールできない自律神経のほうも不調になってくるんでしょうね。

そういう説明をしながら、身体が軽くなり、自立できてきたので、本人も頑張って姿勢づくりに励まれました!

そうやって、今では元気に働かれていることは喜ばしいことです。

その壮絶なる自律神経の改善である3年間の詳細は、こちらです。

2回の施術で、頭痛がなくなり、睡眠薬も飲まないでも眠れるように

いつもアリガトウございます、松多です。

4月に入り、新たな出会い、体験など、いい年にしていきたいですね!

さて、こちらに29歳の女性の方が、頭痛があり、イブの頭痛薬を毎日、朝・昼2回服用しているということでした。

それに眠れないので、睡眠薬も飲んでられます。

その他には肩こりや首のコリもあり、低反発の枕やタオルを使われています。

それが週1の2回の施術を行ったら、頭痛薬を飲まなくても大丈夫になり、しまいには頭痛がなくなり、睡眠薬も飲まなくても眠れるようになられました!

もちろん肩こりや首こりも軽くなられています。

首がガチガチに硬かったんです。

あまり間をあけずにご来館されると、身体が戻る前に施術できるので、いい方向に変わりやすくなります。

はまれば劇的に変わる事例です。

この方も劇的に頭痛が改善されました。

 

 

デスクワークでの坐骨神経痛が、もう出なくなる

そらりすの松多です!

長時間、椅子に座ってされるデスクワークには、パソコン作業や縫物や読書や料理など、いろいろあります。

上半身の重みが骨盤やお尻、太ももにかかることで、お尻、座骨がしびれてくる、痛みがでてくる坐骨神経痛にもなりやすいですね。

坐骨神経痛だけでなく、腰痛であるヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎すべり症なども、長時間のデスクワークでなる可能性もございます。

今回50代女性の方の坐骨神経痛が、骨盤や仙骨、背骨の調整で、再発することなく、もう出なくなりました!というご感想を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。以下です。


毎日長時間椅子に座っているので冬になるとよく座骨神経痛が出ていましたのが

そらりすに隔週で通っているうち、症状が出なくなりました。

内股だった脚はかなり真っ直ぐになり、骨盤の幅も狭くなったために、

体重はたいして変わらなくても見た目がスマートになりました。

骨格は生まれつきのものだと思っていたので、それが改善されるというのは新鮮な驚きです。

どうもありがとうございました。


ここまでです。

このように根本から体を変えていくことで、骨盤の幅も狭まり、腰の反り具合も変わることで、もう坐骨神経痛は出なくなります。

一時の痛みの解消だけでなく、このように身体を変えていくことで、ずっと痛みが出なくなります。

お客さまが、私を信頼して通って頂いたお蔭で、ここまでのノウハウが出来上がってきました、本当にありがとうございます!

その分、またお客様に還元していこうと思っております。

このように坐骨神経痛が出なくなり、骨盤が狭くなった実際の姿勢の写真は、こちらです。

また上記に、反り過ぎや猫背、ねじれに対する腰痛のリンクもございますので、良かったら参考にしてください。

 

顎関節症を整形外科で手術して15年後、ここでの施術で出っぱてた頬がへこみました

ここ「そらりす」では身体全体の一部として、頭蓋骨調整を行っております。

繊細で、細かいですが、体全体からの施術方法で行っておりますので、非常に頭や顔の骨も動きやすくなっております。

そうやって、この44歳の女性の方も、整形外科の手術後15年たち、歯の正中線がずれている、ということでご来館されましたが、手術した左頬がへこむとは思ってなかったみたいです。

そして、左頬と関連する右頭も、へこんだ!としきりに、驚かれてました。

バランスですね~、しかし良かったです!

整形外科で小顔矯正すると高いと思いますし、痛みもあると思うので、このように自然におこなっていきたいですね。

実際にこの方の顎関節症が良くなり、小顔になられた写真は、こちらです。