原因不明の全身の痛みが改善し働けるように!自律神経痛だったのか?

こんにちは、松多です!

先日、25歳の女性の方が、お蔭様で南青山で働くことになりました!という嬉しいご報告を頂きました!

以前は、頭痛や腰や股関節痛、肩甲骨周りが重く、目が開きにくい、けん怠感などで、よく寝込まれてました。

そして、大学に行けないぐらいの状態で、残念ながら辞められました。働くこともできず、家での療養となられました。

後々には原因不明の体の痛みで、大きな病院に行くと、原因不明の難病を告げられ、副作用も心配ですが、お薬を飲みながらの施術となりました。

しかし、あとで本人に聞くと、その難病の病気だと、もっと痛いみたいだから、自分はそれでは無いのかも、と思っていたということでした。

ここ、そらりすでは、そういった症状の方も多く見ております。

そういう方ほど、全身のゆがみから、筋肉や神経が硬くなっており、それが限度を超えると、痛さを通り越して、自分ではコントロールできない自律神経のほうも不調になってくるんでしょうね。

そういう説明をしながら、身体が軽くなり、自立できてきたので、本人も頑張って姿勢づくりに励まれました!

そうやって、今では元気に働かれていることは喜ばしいことです。

その壮絶なる自律神経の改善である3年間の詳細は、こちらです。

箒(ほうき)での掃き掃除でも肩があがり肩こり、首こり、自律神経の不調につながります。

こんにちは、松多です!

やっと涼しくなってきましたね。これからの秋を楽しみたいものです。

さて、今年は台風が強かったですね、関西や東京でも、最近ではあまりなかった風の強さでした。

実は実家の京都の家も、築40年の一軒屋で角の家だったからか、風が当たりやすかったのか、瓦が15枚も剥がれ落ちました。

怪我人はいなくて、本当に良かったですが、風の強さを物語っています。

東京に来た台風よりも風速15mぐらい強かったみたいです。

さて、台風が通り過ぎた後は、落ち葉がすごい。

それを箒(ほうき)で掃きすぎて、肩があがり、肩がこり、首もこり、寝つきも悪く、寝ても疲れがとれない状態のご婦人が、いらっしゃいました。

いつもと違う歪み方だったんです。首だけが左側にいっていたのですね。

首がずれると、神経などもあることから、自律神経の不調も起こりやすくなってきます。

それを各箇所を正常に持っていくと、首、肩はいつものように柔らかくなりました。

と、いうことで、ほうきで掃くのも、夢中になるのはわかりますが、反対側でも掃いておくとまだ良かったかもしれませんね。

わかりやすい写真としては、この方は首が右側にいっていたのが真ん中にいき、肩こり、猫背、全身のスタイルが変わられました。

 

 

身体が良くなっていく過程で、足裏のタコが根元からとれて、足が軽いです!

こんにちは、松多です!

9月に入り、暑さも緩やかになってくるのでしょうかね。

さて、こちらに40代半ばの女性の方が、息苦しさや動悸、自律神経痛などが約1年半前からおこり、最近またぶり返してきた、ということで来館されています。

この方の身体も変わってきており、今は息苦しさや動悸などは出ていないということです!

ただ台風などの気圧の変化にも耐えられるか、ということで、今回の台風に耐えられるように、身体の調整を行っております。

そんななか、これらの症状とは関係ないように思える、足裏のタコも聞いてみると、「ねこそぎ取れました、足が軽いです!」とおっしゃってました。

土台である、下半身の歪みがとれることで、その右足にかかっていた体重も両足にのり、タコがあったところには、体重が乗らなくなったために、とれたのでしょう!

この足裏のタコは、20年前から社会人になってヒールなどを履いてから、できたいた、ということでした。

毎回、タコがひどくなってくると、イボコロリなどをつけて、とっていたみたいですが、今回は2回にわけてとれ、ねこそぎ根本からとれた、ということです。だから、足裏が平らになって、軽いです。ということでした。

そんな頑固なものも、身体が変わり、必要無くなれば、去っていきます。

そうやって、身体が良くなっていく過程で、色々な良いことが起こってきます。

これが部分的に良くしていく西洋医学と違って、全体が良くなるという東洋医学的な整体のいいところですね!

そして元気になってきたこの方は、以前だと休みの日は静養しておこうとなっていたのが、今は出かけたい、となって満喫されています。

 

腰痛、膝痛で階段の上り下りもツラい、歩けない、自転車も乗れない方の事例

★腰痛、膝痛で階段の上り下りもツラい、歩けない、自転車も乗れない方の事例

いつもありがとうございます、松多です。

50代女性の方が、「足が痛くて、歩けなくなってきた、自転車が乗れなくなった。」ということでご来館されました。

腰の近くや、足の太ももの裏側と表側も痛くて、階段の上り下りもツラいということでした。

他にも肩こりや自律神経失調症など、色々と身体の不調をもってられましたが、まずは自由に動ける足になるよう施術しました。

すると、「身体が軽くなった~、歩いても痛くない!!」と、このまま歩けなくなってくるんじゃないかと心配されてましたので、その分、喜ばれてました、何回も!

O脚などで歩いていると、左右がずれてきて、そこの筋肉、筋膜が硬く張ってくるんですね。

体全体を正し、硬くなった足を、ゆるめていくことで、歩けるように痛さが無くなるのですね。

こちらの方は、膝痛、股関節痛で歩けなくなってきて、10ヵ所以上の治療院や病院に行かれて、やっとここにたどり着かれました。

こちらの方は、股関節から左太ももの外側に痛みがあり、MRIやブロック注射では効果なく腰痛で歩けなくなって、こちらに来られました。

視力が良くなり、運転するとき、メガネが不要になりました!

50代後半の女性の方から、運転免許証の更新で、視力検査したら視力が良くなっていて、メガネ無しで運転できるようになりました!

と、いう驚きのご報告を頂きました。

簡単に言うと、眼の視力が0.7以上になってたということです。今まではそれ以下の視力だったので、メガネをかけて、運転されていました。

いつもありがとうございます、松多です。

この方には、最初は、肩や腰の施術をしてまして、そこから良くなられ、今度は日頃の仕事の疲れや更年期障害のホットフラッシュなどの施術で首や顔、頭蓋骨調整をしておりました。

それが影響してなのか、この方も「整体して整ったからかしら?!」と驚かれてました。

たしかに、頭蓋骨、目や鼻骨などが整うことで、視力の神経や視力の筋力も変わってきますからね。

こういうことも、あるのですね!^^

これで「夏はサングラスをかけられるようになります。」と喜ばれてました。

痛さだけでなく、細かな箇所が整うことで、個人差はありますが、色々な効果がでてきます。

他の皆さんは、このようになられています。

1時間の施術が、2,3時間にも感じた訳は?

★1時間の施術が、2、3時間にも感じた訳は?

そう、それはズバリ、1時間の施術中に熟睡されたからです!

いつもありがとうございます、松多です。

この50代男性の方は、頭痛と自律神経の乱れから、薬を飲んでも、眠れない、ということでした。

そういう状態から、1時間の施術で、首、肩をほぐし、頭の調整をすることで、「血が流れてくるのがわかります。」とも、おっしゃってました。

その後、時々いびきをかきながらも、熟睡されたのです。

終わった後は、時計をみて、「ああ、まだ1時間しか経ってないのですね。2、3時間に感じました。」と、おっしゃってました。

このように、身体の張りや歪みをとることで、頭痛がおさまり、自律神経が正常になりリラックスできて、眠れるんですね。

このように頭痛や自律神経、不眠でお困りの方にも、全体から整えていくメニューで結果を出していきます。

更年期の体不調はこちらの整体が凄い!の改善方法

いつもありがとうございます、松多です!

10月にもなり、涼しくから寒くになってきますね。そして、紅葉や秋空も美しく、栗や秋の幸も美味しくなってきます。

さて50代女性の方から「更年期の体不調はこちらの整体が凄い!」というご感想文を頂きました。以下からです。

整体サロン そらりす ではヒーリング音楽を聴きながら、体の不調を整えてもらってます。

更年期の体調不良や体の癖を矯正出来る体操も教えていただけるのでホームケアにも繋がります。

50才を過ぎ太り気味でしたが、通い出して3か月を過ぎた頃から、少しずつ下半身が引き締まって細くなって来ました。嬉しいです。

ここまでです。

ご感想文ありがとうございます。成果がでて本当に僕も嬉しいです。続けて下さいね♪

女性の方は、50歳近くなると更年期障害など出やすくなる年齢ですね。

ダルさや気分が優れない、イライラする、首や肩がこり、痛い、眠りにくい、ホットフラッシュの体が熱いや、頭痛、めまいなど色々な症状があります。

ここでは、身体のゆがみをとり、正しくすることで、流れをよくして、こういった症状を取り除いていきます。

こういった神経が集まっている、肩や首、頭である頭蓋骨を調整していくと、お腹が鳴りだしたり、目がパッチリされている方がほとんどです。

体が頭から足の先まで流れることで、目覚めていくのでしょう。

そうやって、ついでにお腹や下半身である足も細くなります。

歪みがとれた状態で、ここは更に引き締める為のエクササイズを入れて頂くことで、効果も早くでます、個人差はありますが・・・

それでは、更年期障害の改善体操をご紹介します。

  1. まず両肩を下げながら、息を吐きながら、首を上に伸ばします。
  2. 息を吸いながら、リラックス、肩を楽にします。
  3. 次は、1をしながら、首を右に向けたり、左に向けたりします。
  4. 痛気持ちいい範囲で動かしていきます。各3回ずつ

それでも上手くいかない方は、こちらの整体+骨盤矯正で楽になってください。

整体と頭の調整で頭痛、首の痛み、手足のしびれがとれ1ヶ月で4Kgダイエット

いつもありがとうございます、松多です。

9月になりました、涼しくなり、過ごしやすいですね。

さて、ひばりヶ丘在住の50代男性の方で、今まで7年間お薬に頼られていた頭痛をなくすために施術をしております。

まだ1ヶ月ちょっとですが、整体で身体全体を整えたので、フラフラしていた足取りも、しっかり歩けてきた、ということです。これは頭痛のためにフラフラしていたのではなくて、足や股関節、骨盤の関係からきていたと思われます。

そして、頭痛、首の痛み、肩こりはデスクワークということもあるのですが、頭の骨、すなわち頭蓋骨(ずがいこつ)も、ずれていました。

しかし、ここ4,5回の頭の調整で、お薬に頼らなくても、頭痛が出なくなってこられました。そして手足のしびれも無くなってきた。ということでした。

そして、別に痩せたい、ダイエットしたいということでは無かったのですが、体重も1ヶ月ちょっとで4Kg痩せたということでした。

身体全体が整って、頭も調整すると、このように頭痛はもちろん、自律神経失調症の方やめまい、更年期障害の改善にも繋がります。

そして流れもよくなるのか、体重も痩せる方も多いです。もしくは体重は減らなくても、引き締まる方も多いです。

それが美容の小顔や眼の疲れ改善から、眼がパッチリにもつながります。^^

本当にたくさんの人を施術をさせて頂いておりまして、各々の方の変化、結果を直接みておりますので、身体を整えるというのは大切なのですね。

身体がゆがんでいると、本来、持っている修復する力、健康でいられる力が使えない訳ですからね。

ぜひ、この方も薬を頼らずとも頭痛がしなくなり、仕事に集中できるようになって頂きたいですね。

全身整体と頭を調整することで、頭痛、首のこり、痛み、肩こりをなくしていくメニューはこちらです。

ひばりヶ丘の整体「そらりす」は、薬に頼らず、頭痛、自律神経失調症、憂鬱、痛みを解決していきます。

いつもありがとうございます、松多です。

西東京市ひばりヶ丘で整体+骨盤矯正「そらりす」を開業してから、早5年が経ちました。本当に有難うございます。

更にご利用してくださっている方には、格別の思いでございます。

ここでは、腰痛やぎっくり腰、膝痛、肩こり、頭痛などの症状に対する整体も沢山させて頂いているのですが、

最近、自律神経失調症、うつ、更年期障害の方の整体もさせて頂いております。

そして、そういう方は、西洋医学の病院にも通われていますので、お薬も服用されています。

私が施術すると、眼が開き、楽になられるのですが、お薬を飲むことで、また戻られる方もいらっしゃいます。

ある方の話によりますと、頭痛や手足のしびれでお薬を飲むことで、一時、痛みはましにはなるみたいですが、

眠くなり仕事もままならない状態になる、ろれつが回らなくなる、感情がなくなる、精神が不安定になる、といった症状も出る時もあるようです。

色々な人の話を聞いていると、薬の相性、量があってないと、このような症状が出やすいようです。

そして、また頭痛や手足のしびれが起こると薬を飲む、といったように薬を手放せなくなるようです。

東洋医学に理解のある脳関連のクリニックに行くと、薬が強い、飲みすぎなので、断薬した方がいいと言われたそうです。

代わりに栄養面や運動面で体をつくっていって下さい。とも言われた、ということです。が、みんなそれが出来ないので、そういった方は、2度と来ない方が多いとも、おっしゃっていました。

そして私が行っている整体も全身を行うことで、身体全体の循環をスムーズにして、皆さん一人一人がもっている自然治癒力を使えるようにしていく施術となっております。

自然治癒力とは、身体が勝手に元気になろうとする力のことです。

それにより各々の痛みが無くなるのは、もちろん、こういった神経系の症状も解決されていく場合もあります。

また、この症状で悩まれいる方は、自分を責められる方もいらっしゃいます。

「なんで自分の体は、こうなんだ?」と。

周りからは、甘えすぎとか、もっと気合いいれて、やりなさい。など言われるみたいです。

ただ、そんな方の体をみさせて頂くと、首がパンパン、肩や背中がパンパンに張っているのです。

そういう方に限って、腰痛や肩こり、頭痛の方の張りよりも、更にパンパンに硬く張っているのです!

だから僕は、こう言います。

「あなたが悪いわけじゃないと思うよ。たまたま、あなたの体のある箇所が硬くなりすぎているだけだよ」と。

ストレスから張るのか、薬から張るのか、天気の気圧から張るのか、身体のゆがみから張るのか、

色々な原因が考えられます。

その方と詳しくお話をしながら、また身体をみながら、こういった原因をひも解いていきます。

ここ「そらりす」では、薬に頼らず、こうすればいい!とわかり、しびれがとれたり、頭痛が治まったり、更年期障害のホットフラッシュがなくなったりされています。

だから、あまり自分を責めないで、あきらめないでくださいね。

せっかく頂いた命、今はつらいと思いますが、こうすればいいと気付き、私も全力でサポートしますから、一緒に健康を取り戻しましょう。

そして今度はあなたが、その件で困っている方の励みにも勇気にもなり、先生にもなって人を助けてあげてください。

先程、ご紹介した方も、施術を受けつつ、薬を減らしていくよう自分なりに工夫していく。とおっしゃっていました。

いきなり、お薬をやめる、というのも体がビックリしますので、少しずつがいいですね。

なんでもバランスなので、手術やお薬の西洋医学が必要な時も絶対にあります。それに対して整体などの東洋医学。

自分の症状は、どれが適しているか?という先見の明が必要となってきます。

私自身、もう病院には20年行っていないので、薬も飲んでいません。

のどが痛くなる、風邪ぐらいだと、早めに寝て、のどを暖めて、布団の中で汗をかいて風邪菌であるウィルスとサヨナラして治してきましたので、本当に体の自然治癒力を信じて、健康を保ってきました。

ですので、忙しくお薬に頼ったり、ストレスや神経からきている痛さ、ツラさの方は、ぜひ、この東洋医学的な施術をお試しください。

更年期障害のホットフラッシュ(顔の汗)が、出なくなりました。50代女性の方

いつもありがとうございます、松多です!

女性の方も、40代後半から50代に入ってくると、ホルモンバランスの影響で、更年期障害でいらっしゃる方も、まぁまぁ来館されております。

そんな中、50代女性の方は、いつもうつ伏せで施術してから、あおむけになってもらう時には、ホットフラッシュの影響からか、顔に汗がでているために、ティッシュをお渡しして、顔を拭いて頂いておりました。

しかし最近、ティッシュを渡さなくても、汗が出なくなりました。ということで、調子よくなられています。

たぶん、この方、首がボコッとでていたのが、ずがいこつや首の施術で、ボコッというのが無くなり、綺麗なカーブになってきたからだと推測できます。

この首のところは、自律神経が集まっているところでもあるので、重要です。

良かったです。^^

そんな更年期障害のホットフラッシュが、出なくなったメニューは、こちらです。