原因不明の全身の痛みが改善し働けるように!自律神経痛だったのか?

こんにちは、松多です!

先日、25歳の女性の方が、お蔭様で南青山で働くことになりました!という嬉しいご報告を頂きました!

以前は、頭痛や腰や股関節痛、肩甲骨周りが重く、目が開きにくい、けん怠感などで、よく寝込まれてました。

そして、大学に行けないぐらいの状態で、残念ながら辞められました。働くこともできず、家での療養となられました。

後々には原因不明の体の痛みで、大きな病院に行くと、原因不明の難病を告げられ、副作用も心配ですが、お薬を飲みながらの施術となりました。

しかし、あとで本人に聞くと、その難病の病気だと、もっと痛いみたいだから、自分はそれでは無いのかも、と思っていたということでした。

ここ、そらりすでは、そういった症状の方も多く見ております。

そういう方ほど、全身のゆがみから、筋肉や神経が硬くなっており、それが限度を超えると、痛さを通り越して、自分ではコントロールできない自律神経のほうも不調になってくるんでしょうね。

そういう説明をしながら、身体が軽くなり、自立できてきたので、本人も頑張って姿勢づくりに励まれました!

そうやって、今では元気に働かれていることは喜ばしいことです。

その壮絶なる自律神経の改善である3年間の詳細は、こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください