玄関前でかえったメジロの赤ちゃんが、家のリビングに入ってきました!

玄関前にあるシンボルツリーであるシマネトリコを剪定してた6月15日、なんとメジロの卵5つを発見!

メジロの卵5つを発見

 

その2日後、親のメジロ雄雌2羽がかわりばんこに、卵を温めてました。雨の日も、晴れの日も。写真中央真ん中の上に、目の周りが白いメジロがいます

親のメジロ雄雌2羽がかわりばんこに、卵を温めてた

 

卵を発見してから5日後、まだ動きませんが孵化しておりました!

まだ動きませんが孵化しておりました

 

卵を発見してから11日目、ヒナになってました!親がエサをもってきて、あげる様子は、あの漫画で見た、赤ちゃんの口ばしが高速に動く動きでした

ヒナになってました

 

その口ばしが高速ではなく、ゆっくりですが動く様子は、最後の動画で見れます

そして成長したら、ヒナは勝手に巣から飛び立っていきますので、いつ飛び立つかわからないから、見れないなぁ~と思ってたら、卵を発見してから15日目、なんとリビングにいました!

リビングで朝食を食べてたら、ピーピーとすごい近いところで聞こえてくるのですね

あまりにも近すぎるので、近寄っていったら奥にいました~

あとで思いだしたら、ササッーと4mばかし何かがそこへ動いた気配は感じてました、ヒナだったのかー

慌てて外に出してあげなければと思い、さすがに写真を撮ることを忘れてました

大きな袋に入れて外に出そうとしましたが、逃げてこの下写真の窓際に行ってくれました

窓際のヒナ

 

この下図もヒナなのですが、ここを通るたびに見てたら、こういう所から、自分の体に飛び乗ったとしか考えられません

一切、飛んで家に入った形跡を見てませんからね

木の上のヒナ

 

なんとか最後には、外に行ってくれました

感動的だったのは1分後、親がエサをもって、ちゃんと迎えにきて、ピーピーと鳴きながら、一緒に飛び立っていったことです、愛ですね~

このシーンも最後の動画にあります

外に出たヒナ

 

余談ですが、動画などで撮影してましたら、親鳥がカメラ目線をしてました、気が付かなくてゴメンね~、こちらも最後の動画にあります

お客さんで野鳥の会に入っている方がいて、聞いてみると親は人間の顔も覚えるということです

そしてまた来年もくるかもしれないし、今もある巣を使うかもしれないですよ「ここは生命力があるスポットですね」と、おっしゃってました

親鳥がカメラ目線

 

それでは最後にこれらをまとめた1分動画です


☆関連記事:アイガモ赤ちゃん6羽ジャンプ

2020年08月19日