50代男性指揮者の方の鼻炎、腰の疲れ、肩こりが解消された、凛とした姿勢

こんにちは、松多です

2月末になりましたが、この時期から花粉症も出てきますね

この西東京市在住の50代男性、指揮者や音楽指導をされている方は、鼻炎や鼻づまりで、音楽鑑賞中や演奏中の静かなシーンで、鼻をすする音が良くなるかな?という動機でご来館されました

その前には、同じ音楽指導をされている奥さまが通われ、肩こりや首こりが解消され、顔も小さくなられたことを見て、ご紹介で来られました

この方は、鼻炎だけでなく、楽器も30年以上されてましたので、あとで写真をご覧になるとわかりますが、肩が下がり、腰もねじれているため、腰の疲れや肩こりもあったということでした

そして細かくいえば、全体がねじれていたので、頭の頭蓋骨もゆがみ、鼻の通り道である鼻腔もずれていました

それは、やはり何か不調がでてくるでしょう、目や耳にもですね

ちなみにこの方は、耳の穴の奥もふくれていた、ともおっしゃっていました

それを、そらりす独自の手技で、骨盤、背骨、足、首、頭蓋骨などポイントとなる全身を調整することで、あとで写真をご覧頂きたいのですが

凛とした姿勢になり、腰の疲れや肩こりも解消され、耳のふくれもへこんだ、ということでした

それでは、この方から頂いた感想文は以下です

 

松多先生とのカウンセリングの中で、長年の悩みであった鼻のつまりについて相談させて頂きました。

鼻水が溜まっているわけでもないのに鼻の通りが悪く、常に鼻が詰まっている感覚で、周囲の人がビックリするくらい鼻をすする音がうるさく、悩んでいました。

耳鼻科では「鼻腔周辺が腫れていて穴が狭くなっている」との事でしたが、特に治療方法は無く、対処療法の薬を処方されるだけでした。

まさか全身の身体の歪みが原因で、鼻の通りが悪くなっているとは思いもしませんでした。

現在、身体の歪みが取れたのか、鼻の通りはかなり良くなって、呼吸も楽になりました。

ありがとうございました!

ここまでです

このように病院では、特に治療方法は無く、対処療法の薬を処方されるだけになってしましますが

体を整えていくと、免疫があがり自然治癒力も出てきて、体の各機能がレベルアップしてきます、そらりすでは、このようにして根本から体を整えていきます

花粉症にも腎臓ラインを活性化させていきますので効果的です

このように、鼻だけでなく、腰や肩など全体を整えていくことで、頭自体も真ん中にもってきてから、そこから更に頭蓋骨調整しますから、小顔にもなり、自律神経も活性化したり、ウエストが細くなったりと

その方にとって不調だったところに血液が流れ出し、良くなっていくのですね

50代男性指揮者の方が凛とした姿勢になり、鼻炎、腰痛、肩こりが解消されたビフォーアフター写真はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください