子供の鼻炎、鼻づまりをとおす

こんにちは、松多です!

最近、このブログのシステムがうまくいかず、更新が空いてしまいました~

改めまして、今年もよろしくお願いいたします!

さて最近、ここにご来館されているお母さんのお子様を施術させて頂いております。

それは、鼻がつまる、呼吸が苦しそう、ということで、先日は中学1年生の男の子がご来館

首が真ん中から、ずれて、そして首が前にいっている、という姿勢になっていました。

正しい姿勢にしてもらうと1回で、鼻がとおりました!

しかし、前の悪い姿勢に戻すと、また鼻がつまりました。

わかりやすいですよね!体験をとおして、まだ子供さんですが、こうすればいいとわかっていると安心です。

今から行っていくと、将来も好転してきます♪

そしてつい最近は4歳の幼稚園の男の子です!

お尻の骨盤よりも、顔のほうが、まだ大きいという年齢の可愛らしさですが、首が前にいき硬く、少し胸が丸まっていました。

ほぐしていくことで、お母さんも顔色が良くなった!と喜ばれていました。

そして、呼吸もしっかり出来ています。

子供のうちは、身体が若いぶん、細胞もピチピチなので反応がいいので、変わりますね~

そして、つい最近は中学2年生の女の子は頭痛で、勉強も集中できない、ということで、だんだんと良くなられています。

最近は、ゲームやスマホ、そして座り方などで、首が前にいくお子様も多く見受けられます。

そしてスマホ首やゲーム障害という単語も発生しています。

それを今から、こうすればいい、とわかっていると、同じ時でも充実した時間を過ごせます。

これを見過ごす事で、20代や30代から、頭痛や肩こり、首こりなども出やすくなりますし、良くなるのに時間がかかります。

ここでは、このようにして、子供の鼻炎、鼻づまりをとおしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください