自転車は大丈夫ですが、歩くと痛くて歩けない方が、歩けるように!ひばりが丘在住78歳方の事例

いつもありがとうございます、松多です!

本日は「いい夫婦の日」ですね。11月22日ですからね。

パートナーや周りの人とは、うまく付き合いたいですよね。その分、楽しくなりますからね~

さて、こちらに座骨や太もも外側、股関節が痛くなり、歩けなくなってきた方が、ご来館されています。

娘さんが、こちらをネットで探されました。

整形外科ではレントゲンをとり、少しすべり症かな、そして腰椎4番5番あたりの軟骨もすり減っています。と言われたということです。

この背骨からきていると、ちょっと厄介でしたが、レントゲンには映らない筋肉もパンパンに張っていました。

そこで、そういった張っていた筋肉をゆるめ、そして筋肉が張らないような姿勢にもっていき、正しい歩き方も行いました。

そうすると6回目あたりで、今まで近所も歩けなかったのが、歩き方のコツがわかり、「なんか歩けそうな感覚になってきました。」と、おっしゃっていました。

それは、こうなっていた右足を、こうすればいい。と自分で体験して感じたからでしょう。

そうやって、ほんの癖の積み重ねで、筋肉が張ってきます。

歩けなくなるのは、不自由で嫌なので、一生懸命です。

こういうタイプの場合、自転車に乗るのは、大丈夫な方が多いですね。

引き続き、施術をして歩いて頂けるよう頑張ります。

この後、1ヶ月後には5分しか歩けなかったのが今では、このように歩けるようになられました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください