くも膜下出血の74歳の方が、脳卒中リハビリと整体で猫背の姿勢がよくなり、2年かけて一人で立ち上がれ、トイレにも行けて、歩けるように

74歳の方のくも膜下出血の脳卒中リハビリ、立ち上がれ、トイレに一人で行けて、歩けるようになられました

そらりすの松多です!

17年前に発症された、くも膜下出血の後遺症でか、首が前に垂れ「く」の字の猫背になりベッドから立ち上がれなくなった73歳の女性の方のリハビリをしており約1年前に自分一人で立てるようになられました!

それから1年が経ち、74歳になられましたが、猫背の姿勢がよくなり、一人で立ち上がれ、一人でトイレにも行けて、ゆっくりですが、手すりがあれば遠くまで歩けるようになられました!まさに継続は力なりですね

しかし、この2年間の間には、もう17年前からの体は、変わらないでしょう、無理でしょう?と10回ぐらい聞かれましたかね?!その都度、強制でなく、先を見ないで、今できることをしてれば自然と歩ける体になると思いますよと

言ってきました。私も言った手前、ここまでこられて、本当に良かったこと安心したことを覚えております、ただこれからも油断せず、もう以前には戻れないように本人の意思と共に、伸びしろを広げていきます

このタイミングは、立てなくなるということは、寝たきりになるか、歩けるかの人生の岐路でしたからね

少し脇道にそれますが、リンゴを無農薬無肥料で育てるのは到底無理だと言われていたのを木村さんという方は、それをなしとげ「奇跡のリンゴ」として有名になり、今はその生き方も広められてます

木や葉を見るのでなく、根っこや土の中という目に見えないところが大切だとうことを、借金まみれになり、リンゴができないのでもう自殺しようとした山の中で、人の手をかけてない自然なところでリンゴができており、気付かれました

目に見えない、というのは、今のコロナとも似ておりますね

木村さん曰く、人はせっかちだが、作物は1年に1回しか実験ができない、とおっしゃってました

早く結果を出したいけど、うまくいくのは何でもゆっくりだと、今のネット社会では実体験しないと理解しにくい部分もありますが、うまく良いとこどりをしていきたいですね

話はそれましたが、先程の74歳の方の改善は年齢に関係なく、体は変われるという勇気や励みを頂けますね、動けば、身体は何歳になっても成長ホルモンがでてきて次はそれに耐えられるように筋肉がついてくるよう出来ているのですね

その前に、整体で体のゆがみをとっておくことで、綺麗な骨の配列で、正しい動きにしておくことで、痛みが出ない、体力がでてくる体に仕上がります

痛みがある方には、整体、ほぐし中心で、身体は楽に軽くなってきます

しかし立てない、歩けない、となってくると、整体、ほぐしだけでは整っても力がないと立てない、歩けないままなので、半分の30分はリハビリの運動を入れました

またこの時に、僕のカウントの掛け声と一緒に、高い可愛らしい声で「い~ち、に~、さ~ん」と無心に一緒に数えながらトレーニングされているのが印象的でした(笑)、本当に頑張られました、自分を誉めて下さいと伝えてあります!

74歳のお母さんの体が変わったので、娘さんもちょっとずつでも、やっていこう!と気持ち新たにエクササイズされてました、今はどうかな?^^

まだまだ若いと実感はしないと思いますが、僕は色々な方をみてきて、やはり老後、筋力や体力は弱ってきます。それに膝や腰が痛くなると更に弱り、下手すると歩けなくなります

そうならない為にも、今から貯筋しておきたいですね、健康はベースで、そこから好きなことができてきますからね

そらりすでは、整体だけでなく、色々なエクササイズメニュー、ストレッチメニューがございます

世の中、+(プラス)と-(マイナス)という相反するもので、バランスをとっています。ゆるめる(ほぐす)、というものと、つよめる(エクササイズ、リハビリ)、というバランスも必要なんでしょう

痛さが少ない方には、その方の姿勢にあった腰痛予防の為のエクササイズやストレッチ、その他には肩こりや頭痛予防、ダイエットのものもあるので、ご紹介しておりますので、興味ある方は行う前に聞いてくださいね

このようにあまり痛くない時、しんどくない時の余裕のある時に、こういった貯筋をしていくと、伸びしろができ、大きい負荷の日常がきても、耐えられるし病にも倒れにくくなります

ただエクササイズもやりすぎると、筋繊維の破壊ですので、免疫は下がります

なぜなら、筋繊維の破壊を修復する為に、体のエネルギーが使われますので、ウィルスが侵入してきた時に、それを守るエネルギーが不足気味になり、風邪を引きやすくなったりしやすいです、徐々に行って、身体を慣らしていきましょう

こういったメニューも、ここではご紹介して家でして頂いたり、セッション中に行ったり、人それぞれの状況にあわせて行っています

それでは、この74歳の方の首が伸びて、猫背がわからないぐらいになった写真や頑張って歩かれている動画はこちらです
https://www.solaris-matsuda.com/nourihabiri.html

 

74歳、くも膜下出血からのリハビリで、猫背がまっすぐになり、立ち上がれ、トイレも一人で行けて、歩けるようになられました
くも膜下出血の脳卒中リハビリ

ホームページ
https://www.solaris-matsuda.co

脳卒中の、くも膜下出血の方が立てるようになり、4歩あるけました!

そらりすの松多です!

18年前に、くも膜下出血をされた方が、去年から、一人ではベッドから立ち上がれなくなってこられました。

それを「そらりす」の独自の整体とリハビリで、一人で立てるようになられ、棒を持ってですが、4歩あるけるようになられました。

脳の血管障害になると、普通の健常者の体とは施術後の反応も違い、時間が、かかります。

そして、拘縮(こうしゅく)も起こり、肘や手首なども折れ曲がり、半身不随により、右側は触っても感じない状態です。

よって、歩こうと思っても、足が動かなかったのが、リハビリにより、体がその負荷に耐えようと、足がしっかりしてきて、4歩あるけるようになってます!

そうやって微妙な体の調整もしていきます。

最近では、ジャニーズ事務所の社長も、くも膜下出血をされたみたいですね。

早く回復するには、身体が固まる前に、早くのリハビリが有効です。

みんな自分がそうなるとは思わずに、急に発症しますので、歳をとってくると若い時は出来ていても、今は少しゆるめ、セーブすることも大事ですね。

あとはストレスですね。答えが見つからないものは、「まぁ、いいか」と開き直ってくださいね。倒れるよりかは、よっぽどましです。

大病すると、健康の有難たみがわかります。

そして、その家族の方の介護というのも、重くのしかかってきます。はじめは大丈夫でも、長期間の何十年となってくると、無理がたたってきます。

その他に、旅行を行きたくても、その人を預けないと行けないし、なんか消極的な選択になってくるのも、いなめません。

日頃の生活習慣も、少しは振り返って出来る範囲で行いましょう。

また姿勢も血流良くなりますし、整体では、硬い所がほぐれますので、倒れる予防にもなってくると思われます。

ぜひぜひ、時間を有効に使うためにも、自分の健康を維持したいものです。

そらりす独自の整体の脳卒中リハビリの内容は、こちらです。

変形膝関節症、椎間板ヘルニア、すべり症、花粉症の方が、こんなふうになられました。

いつもアリガトウございます、松多です!

3月中旬ということで、春の訪れの前は、気温が不安定になります。

と同時に、私達の身体も、冬の間さむくて溜まっていたものが、出てきますので

この季節の変わり目は体調が崩れやすいので、身体に優しくしてあげてくださいね♪

さて、こちらに56歳主婦のK.Kさんが、変形膝関節症、椎間板ヘルニア、すべり症の為、ご来館されております。

初めて来館された時は、整形外科のリハビリにも通われていましたが、足にはしびれがあり、膝には水が溜まり、変形性膝関節症で歩くのも困難であった状態でした。

しかし、独特の身体の癖がありましたので、それをほぐしつつ、60分のうち、残りの10分ぐらいは、ストレッチやピラティスをいれました。

ちなみに、お疲れの方には、回復をして頂きたいので、こういう動くメニューは入れません。循環を良くしつつ、まずはリラックスして頂きます。

K.Kさんは、しっかり家でもそれらをされており、だいぶ硬さが柔らかくなってきました。

そうすると、おおまかな箇所がよくなってくると、その次にしたらよい箇所をよくするメニューも提案していきました。

そうやって、ご来館された時、「この前やったメニューやってみて」と言って、やってもらいチェックをします。

そういう繰り返しで、ゆがみや、硬さがやわらいできて、本人も楽になるので、頑張らなくても、メニューが出来てくるようです。

その結果、歩けるようになられました、イエィ!

歩けない時は、柴犬のワンちゃんの散歩を代行業者に頼まれてましたが、今は自分で行かれています。

しかし、やはり散歩に行くと、疲れる、身体が崩れる、ということで、今はそれでも崩れないメニューや筋力をつけていくメニュー、

細かな体を整える体操などを入れて、たくさん歩いても平気な体になるためのメニューをしております。

そうやって、歩けるための施術をしておりましたが、ついでに更に驚いたことに、長年20年以上患って、年々悪化してきた花粉症が、今年は、和らいだ、ということです。

以下、頂きました感想文です。

いつもでしたら、12月には、目のかゆみが出始め、1月か2月には、眼科に駆け込んでいましたが、もう3月なのに、まだ、眼科に行かずに済んでおります。

春も秋も、鼻水が止まらない状態になるので、薬が欠かせませんでしたが、この春は、薬が減りました。

西洋医学では、膝の関節と花粉症は、全く別のものですが、こちらでは、身体というのは、全てがつながっていると実感しております。

ここまでです。

このように全身を正しい位置にしていきますので、花粉症もよくなったのでしょうね。

本当にK.Kさん、おめでとうございます、よく継続されました。^^

その調子で、身体をつくっていきましょうね。

花粉症には、首や頭である頭蓋骨を調整することで自律神経も変わってくるので、それがうまくいったのですね。

ここには、花粉症の方も多いので、そういう方々にも、施術していきますので、僕から聞くと思いますが、ひどい方は、おっしゃってくださいね。

そんなK.Kさんの変形膝関節症、椎間板ヘルニア、すべり症、花粉症が、どうなったか、の感想文は、こちらです。