歩けば歩くほど、動けば動くほどいいと思って仕事を始めたのに、ぎっくり腰になってしまいました

こんにちは、松多です

歩けば歩く程、そして動けば動くほど、体に良いと思って、40代女性の方は、仕事であるパートを始められました

ところが、働き始めて、1ヶ月ほどで、ある時、ぎっくり腰になられました

聞いてみると、接客業が好きなので飲食のウェイトレスをされているということで、やはり左手でお皿を載せて、持ち運びする、という体の癖がついておりました

そして、1日終わった~ということで、軽くビールを飲み、夜は冷房をかけて、寒いと思って朝方目が覚めたぐらいなので、そこで歪んだ体の形のまま、かたまり、それで少し動いた時に、ギックリきたのでしょう

このように動けば動くほど、身体を動かすからいいと思っても、このように身体をゆがませる動きは、夜にストレッチなどで戻しておかないと、余計に歪みが大きくなってきます

そういう意味では、かばんをかけての散歩や、介護やマウスを使ったパソコン作業なども、同じ方ばかりを酷使すると、ゆがんできます

今までに大きな痛みがない方には、おおごとにならないかもしれませんが、今までに腰痛や肩凝りがある方は、これがきっかけで再度、ゆがみやすくなりやすい傾向がございます

ですので、この方には、この仕事を続けるんでしたら、夜にこの方にとって最適な3種類のストレッチで元の正しい姿勢にしておくようにアドバイスさせて頂きました

すると姿勢も綺麗になり、腰も楽になられました!そらりすでは、施術の他に、自分で家で調整できるメニューも提供させて頂いております

ぎっくり腰になる姿勢は、このように大きくわけて3種類のパターンがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください