有痛性外脛骨の改善で、以前より楽に動けます。

いつもありがとうございます、松多です。

桜が咲き、緑と綺麗な季節になってきましたね。

さて4月から大学生になり、ハンドボール部に所属されるH.Nさんが、有痛性外脛骨といって、足の内側くるぶしの下にボコッと骨がでて、痛さがある症状でご来館されてました。

これは、激しい運動や足の使いすぎ、ねん挫などのケガ、偏平足などになるとなりやすいみたいです。

ちなみにメジャーリーグで二刀流でもう初安打、初勝利した大谷選手は、かかとの上が痛くなる、有痛性三角骨でした。

スポーツマンにとって足は土台ですから、すごく基になってきますね。

そして頂いたご感想文は、こちらです。

有痛性外脛骨改善の感想文

私は有痛性の外脛骨(がいけいこつ)に悩まされており、練習中の痛みを少しでも軽減したいと考え、母の勧めでこちらで治療を受けました。

最初に立ち方や歩き方など身体のクセを見てもらい、そのクセを治すための様々なトレーニングを教えてもらいました。

そのトレーニングを実践していると少しずつ体が軽くなり、以前よりも楽に動けるようになりました。

自分の身体を知ることは、今後のパフォーマンスにも影響してくるので、とても良い経験だっと思います。

ここまでです。

1回目の施術で、くるぶし下のボコッと出ていた骨がへこみ、痛みも軽減されました。

その後、立ち方の改善、足の内側のアーチをつくるためのトレーニングなどで身体を整えていきました。

身体が機能的に動けるようになることで、プラス25%~30%は、今よりハンドボールは更に上達すると僕は感じました。

集大成である大学生スタートの前に来られて良かったです。悔いなく出来ますからね!H.Nさん、こまめに立ち方チェックや体の手入れ、トレーニングをして、全国優勝目指して頑張って下さいね!

また、ここでやった足の整え方は、膝痛、腰痛、股関節痛にもすごく良いので必要な方には、しんどいメニューではなく、程よく出来るメニューで行って頂きますので、ご安心ください。

H.Nさんの有痛性外脛骨の改善したメニューは、こちらです。