くも膜下出血の74歳の方が、脳卒中リハビリと整体で猫背の姿勢がよくなり、2年かけて一人で立ち上がれ、トイレにも行けて、歩けるように

74歳の方のくも膜下出血の脳卒中リハビリ、立ち上がれ、トイレに一人で行けて、歩けるようになられました

そらりすの松多です!

17年前に発症された、くも膜下出血の後遺症でか、首が前に垂れ「く」の字の猫背になりベッドから立ち上がれなくなった73歳の女性の方のリハビリをしており約1年前に自分一人で立てるようになられました!

それから1年が経ち、74歳になられましたが、猫背の姿勢がよくなり、一人で立ち上がれ、一人でトイレにも行けて、ゆっくりですが、手すりがあれば遠くまで歩けるようになられました!まさに継続は力なりですね

しかし、この2年間の間には、もう17年前からの体は、変わらないでしょう、無理でしょう?と10回ぐらい聞かれましたかね?!その都度、強制でなく、先を見ないで、今できることをしてれば自然と歩ける体になると思いますよと

言ってきました。私も言った手前、ここまでこられて、本当に良かったこと安心したことを覚えております、ただこれからも油断せず、もう以前には戻れないように本人の意思と共に、伸びしろを広げていきます

このタイミングは、立てなくなるということは、寝たきりになるか、歩けるかの人生の岐路でしたからね

少し脇道にそれますが、リンゴを無農薬無肥料で育てるのは到底無理だと言われていたのを木村さんという方は、それをなしとげ「奇跡のリンゴ」として有名になり、今はその生き方も広められてます

木や葉を見るのでなく、根っこや土の中という目に見えないところが大切だとうことを、借金まみれになり、リンゴができないのでもう自殺しようとした山の中で、人の手をかけてない自然なところでリンゴができており、気付かれました

目に見えない、というのは、今のコロナとも似ておりますね

木村さん曰く、人はせっかちだが、作物は1年に1回しか実験ができない、とおっしゃってました

早く結果を出したいけど、うまくいくのは何でもゆっくりだと、今のネット社会では実体験しないと理解しにくい部分もありますが、うまく良いとこどりをしていきたいですね

話はそれましたが、先程の74歳の方の改善は年齢に関係なく、体は変われるという勇気や励みを頂けますね、動けば、身体は何歳になっても成長ホルモンがでてきて次はそれに耐えられるように筋肉がついてくるよう出来ているのですね

その前に、整体で体のゆがみをとっておくことで、綺麗な骨の配列で、正しい動きにしておくことで、痛みが出ない、体力がでてくる体に仕上がります

痛みがある方には、整体、ほぐし中心で、身体は楽に軽くなってきます

しかし立てない、歩けない、となってくると、整体、ほぐしだけでは整っても力がないと立てない、歩けないままなので、半分の30分はリハビリの運動を入れました

またこの時に、僕のカウントの掛け声と一緒に、高い可愛らしい声で「い~ち、に~、さ~ん」と無心に一緒に数えながらトレーニングされているのが印象的でした(笑)、本当に頑張られました、自分を誉めて下さいと伝えてあります!

74歳のお母さんの体が変わったので、娘さんもちょっとずつでも、やっていこう!と気持ち新たにエクササイズされてました、今はどうかな?^^

まだまだ若いと実感はしないと思いますが、僕は色々な方をみてきて、やはり老後、筋力や体力は弱ってきます。それに膝や腰が痛くなると更に弱り、下手すると歩けなくなります

そうならない為にも、今から貯筋しておきたいですね、健康はベースで、そこから好きなことができてきますからね

そらりすでは、整体だけでなく、色々なエクササイズメニュー、ストレッチメニューがございます

世の中、+(プラス)と-(マイナス)という相反するもので、バランスをとっています。ゆるめる(ほぐす)、というものと、つよめる(エクササイズ、リハビリ)、というバランスも必要なんでしょう

痛さが少ない方には、その方の姿勢にあった腰痛予防の為のエクササイズやストレッチ、その他には肩こりや頭痛予防、ダイエットのものもあるので、ご紹介しておりますので、興味ある方は行う前に聞いてくださいね

このようにあまり痛くない時、しんどくない時の余裕のある時に、こういった貯筋をしていくと、伸びしろができ、大きい負荷の日常がきても、耐えられるし病にも倒れにくくなります

ただエクササイズもやりすぎると、筋繊維の破壊ですので、免疫は下がります

なぜなら、筋繊維の破壊を修復する為に、体のエネルギーが使われますので、ウィルスが侵入してきた時に、それを守るエネルギーが不足気味になり、風邪を引きやすくなったりしやすいです、徐々に行って、身体を慣らしていきましょう

こういったメニューも、ここではご紹介して家でして頂いたり、セッション中に行ったり、人それぞれの状況にあわせて行っています

それでは、この74歳の方の首が伸びて、猫背がわからないぐらいになった写真や頑張って歩かれている動画はこちらです
https://www.solaris-matsuda.com/nourihabiri.html

 

74歳、くも膜下出血からのリハビリで、猫背がまっすぐになり、立ち上がれ、トイレも一人で行けて、歩けるようになられました
くも膜下出血の脳卒中リハビリ

ホームページ
https://www.solaris-matsuda.co

自粛やテレワークなどで、いつもとは違う体の硬さや、こわばりがあった感じです。コロナ感染拡大防止に努めて営業していきます

こんにちは、松多です

やっと東京も緊急事態宣言も解除され、経済活動が動き出してきましたが、第2波がこないよう、過ごしたいものです

僕も、家でストレッチやヨガ、筋トレと自分の体の手入れをしておりました

そしてお休み頂いた分、お客様も一気にご来館されました。大変お待たせいたしました

やはり皆さん、自粛やテレワークなどで、出勤しない、ずっと家にいる、机に座りっぱなしで、いつもとは違う体の硬さや、こわばりがあった感じです

しっかりと全身を整えてることで、ゆるゆる、むくみもとれ、顔色もよくなられてました!

また、肩がこるので、猫背を何とかして下さい、などリクエストがあり、それほど痛さの無い方には、少し簡単なエクササイズを入れることで、背中も伸び、しっかり呼吸が入り、うわ~、軽くなったーということでした

その方をみてのメニューとなります。このように自分の体をつくってきた実体験からのオーダーメイドのバージョンアップした施術となっております

最後に、そらりすでは、以下のコロナ感染拡大防止に努めて営業していきます

・1人ずつの完全個別対応での施術でありますが、それに加えて、次のご予約のお客様との間隔を空けておりますので、すれ違うこともありません

その時間でお客様が使用した備品のアルコール消毒と換気を行います

・施術前にお客様には手指のアルコール消毒をお願いしています

・5分以上のカウンセリング時、お客様のマスク着用をお願いします

・施術者である私のマスク着用、手洗いを徹底します

・体調のすぐれない方、違和感のある方、感染者との濃厚接触の疑いのある方は、ご来院をお断りする場合があります

当院をご利用される皆様に安心していただき、お客様やご家族をお守りするため、ご協力をお願い致します

みんなで頑張っていきましょうね♪

 

50代男性指揮者の方の鼻炎、腰の疲れ、肩こりが解消された、凛とした姿勢

こんにちは、松多です

2月末になりましたが、この時期から花粉症も出てきますね

この西東京市在住の50代男性、指揮者や音楽指導をされている方は、鼻炎や鼻づまりで、音楽鑑賞中や演奏中の静かなシーンで、鼻をすする音が良くなるかな?という動機でご来館されました

その前には、同じ音楽指導をされている奥さまが通われ、肩こりや首こりが解消され、顔も小さくなられたことを見て、ご紹介で来られました

この方は、鼻炎だけでなく、楽器も30年以上されてましたので、あとで写真をご覧になるとわかりますが、肩が下がり、腰もねじれているため、腰の疲れや肩こりもあったということでした

そして細かくいえば、全体がねじれていたので、頭の頭蓋骨もゆがみ、鼻の通り道である鼻腔もずれていました

それは、やはり何か不調がでてくるでしょう、目や耳にもですね

ちなみにこの方は、耳の穴の奥もふくれていた、ともおっしゃっていました

それを、そらりす独自の手技で、骨盤、背骨、足、首、頭蓋骨などポイントとなる全身を調整することで、あとで写真をご覧頂きたいのですが

凛とした姿勢になり、腰の疲れや肩こりも解消され、耳のふくれもへこんだ、ということでした

それでは、この方から頂いた感想文は以下です

 

松多先生とのカウンセリングの中で、長年の悩みであった鼻のつまりについて相談させて頂きました。

鼻水が溜まっているわけでもないのに鼻の通りが悪く、常に鼻が詰まっている感覚で、周囲の人がビックリするくらい鼻をすする音がうるさく、悩んでいました。

耳鼻科では「鼻腔周辺が腫れていて穴が狭くなっている」との事でしたが、特に治療方法は無く、対処療法の薬を処方されるだけでした。

まさか全身の身体の歪みが原因で、鼻の通りが悪くなっているとは思いもしませんでした。

現在、身体の歪みが取れたのか、鼻の通りはかなり良くなって、呼吸も楽になりました。

ありがとうございました!

ここまでです

このように病院では、特に治療方法は無く、対処療法の薬を処方されるだけになってしましますが

体を整えていくと、免疫があがり自然治癒力も出てきて、体の各機能がレベルアップしてきます、そらりすでは、このようにして根本から体を整えていきます

花粉症にも腎臓ラインを活性化させていきますので効果的です

このように、鼻だけでなく、腰や肩など全体を整えていくことで、頭自体も真ん中にもってきてから、そこから更に頭蓋骨調整しますから、小顔にもなり、自律神経も活性化したり、ウエストが細くなったりと

その方にとって不調だったところに血液が流れ出し、良くなっていくのですね

50代男性指揮者の方が凛とした姿勢になり、鼻炎、腰痛、肩こりが解消されたビフォーアフター写真はこちら

 

 

鼠径(そけい)ヘルニアがへこみました

こんにちは、松多です

新しい2020年が始まりましたね、いいお天気が続き、過ごしやすいですね

さて、こちらに40代男性の方が、鼠径(そけい)ヘルニアで近々、手術しないといけません、と言われました

鼠径(そけい)とは、股関節の近くの、下腹部と太ももの間の箇所で、そのお腹の筋肉の薄いところから腸や内臓脂肪(大網)などが押し出され、 皮膚のところまで飛び出す病気です

これをへこます為に施術を行った訳ではないのですが、姿勢を正すことで、そこが、ふくれていたのがへこんで、すごく軽くなったということでした

このように身体の負担をとってあげることで、もしかしたら、鼠径ヘルニアにもならないのかもしれません

そういう意味で、姿勢を正すことで、全ての痛みは消える、とも言えますね

そのメニューはこちらです

肩こり、頭痛にお悩みの方へ、痛みを無くすだけでなく再発させない姿勢にしていきます

そらりすの松多です!

さてこちらに、肩こり、頭痛にずっと悩まれていた20歳の大学生の方が

肩の高さがそろい、肩こり、頭痛が起こらなくなられました。

なぜ、そうなったのか実感され、姿勢を気にされていると、股関節が外に飛び出すO脚気味な足も真っ直ぐになり、身体も引き締まり、体重も1,2Kgやせられました。

これらは、肩こりや頭痛を再発させない体にしていく過程で、身体が変わった結果です。

その肩こりや頭痛が再発しない変わられた姿勢はこちらです。

自律神経失調症の、耳鳴り、めまい、目が見えにくい、二重に見えていたのが、全て良くなりました

こんにちは、そらりすの松多です!

台風は大丈夫でしたか?本当に自然の平和を望みますが、もうこうなると個人だけの問題では、なくなってきますね。

だからといって、スマホやエアコンなど温暖化を促進させない為に使わないとかは、無理がありますが、少々頭の片隅に入れておくと、やさしい使い方ができるだけで、今は十分と思って、やっていきたいところですね。

さて、こちらに70代女性の方が、その台風が来る前の1週間、低気圧のせいか、急にめまいになり、起き上がれなくなり、寝込んだということでした。

その他に聞いてみると、夏休み以降、ラジオ体操にも行ってなかったなど、体が硬くなっていってたという状況もありました。

その他には、自律神経失調症である、耳鳴りや目の疲れ、見にくい、すぐ近くのものが二重に見える、など、色々な症状がありました。

そして身体を見てみると、頭の形がゆがんでました。すなわち頭蓋骨(ずがいこつ)が、左側だけ奥に食い込んでいました。

そしてこれは日頃の姿勢の癖から、食い込んでいるっぽかったので、さっそく全身を正し、後半、頭である頭蓋骨を調整しました。

すると自律神経失調症の、耳鳴り、めまい、目が見えにくい、二重に見えていたのが、全て良くなりました!頭や首も軽く、スッキリしたということでした。

これは本人も驚かれていました。ここに来たほうがいいと思っていても、めまいで歩けないと行けないから、めまいが起こらないようにしていきたいです。ということでした。

このように、自律神経は頭や首の箇所の調整で改善していきます、そのメニューはこちら

頭痛、めまい、自律神経の更年期であるホットフラッシュが、出なくなりました。

そらりすの松多です!

だんだん秋めいて涼しくなってきましたね。

夏は暑いので冷房のきいた部屋にいすぎて、体が硬くなっている方、旅行や遊びで外出して、疲れている方、おのおのだと思います。

それと台風などの気圧の影響で、体調が崩れやすくなっていますが、うまくつきあって、健康をキープしたいところです。

さて、こちらに以前から来られている40代後半の女性の方から、嬉しいお言葉を頂きました。

「頭痛や、めまい、更年期のホットフラッシュ(上半身が暑くなる症状)が、出なくなりました。」

というお言葉です。

仕事をすると、まだ肩こりがあるということで通われていますが、歳はとっていくけど、健康状況はアップしている、向上している、というのが、ここに通っている成果ですね。

実際に、腰の反りが、まっすぐなニュートラルの位置にきており、頭蓋骨調整でからか、頬骨がへこんでいます。

そうやって、首や頭の部分の自律神経も正常になってきたのでしょうか。

痛みがとれるのは、もちろんのこと、こうやって年はとっていっても、健康状況はあげていきます!

そんなそらりすの整体+コンディショニングメニューは、こちら

6日間3回の施術で、寝違いで首が振り向けないストレートネック、これが大難になると頸椎ヘルニアになってきます

そらりすの松多です!

「ちりも積もれば、山となる」みたいに体も疲れをためていくと、凝りができて、そこから、腕があがらない、頭痛、首が振り向けないなど大難になってきます。

以前も、肩こりから、首が振り向けないまでなられ、頭痛もして、夜も眠れないということで40代女性の方がいらっしゃいました。

整形外科でレントゲンをとると、首の背骨である頸椎の上から4番目~7番目の間の椎間板が狭く、とげが出ていると言われたということです。

そして、首はS字カーブが理想ですが、まっすぐになっているストレートネックにもなっていると言われたそうです。

このストレートネックもひどくなると、首のヘルニアである頸椎ヘルニアという大難になってきます。

これは肩や首の痛さ、手足のしびれなどが出やすくなります。

そして、治るのに6ヶ月は、かかると言われ、首に輪っかをはめて来られ、一時期、車の運転もバックが振り向けないので、送り迎えで来られていました。

それをここ、そらりすでは、2回目の施術で首が45度振り向け、3回目の施術では、だいぶ振り向けるようになり、痛さもすごくましで、夜も眠れるということでした。

普段は一番早くても、次の施術まで1週間あけるのですが、緊急だったため、5日間で3回の施術で、ほぼ普段通りの生活ができるようになられました。

このように間をあけずに行うと、より深いところの施術もできるため、結果が出やすいです。

そして、余裕があれば、これがまた元に戻らないように、施術を受け、自分の正しい身体の感覚を覚えることで、多少、負荷がかかっても、同じ症状が起こらないとなってきます。

そこらへんも、そらりす独自の手法があります。

首も体の指令を出している大事なところですので、よくしておきたいところですね!

同じヘルニアでも、腰痛のヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアはこちらです。

 

1回で頭痛が改善!首の骨が飛び出ていたのがへこみました

そらりすの松多です!

暑くなってきた7月下旬ですね。

さて、こちらに50代半ばの女性のドライバーの方が、肩こりと首こりが常にあり、頭痛も出てきて、1日おきにロキソニンの薬を飲む、ということでした。

その10年ぐらい前は、背中が痛かった、ということで、少しずつ時間をかけてコリや疲れが溜まり、現在の肩こり、首こり、頭痛が起こっているようです。

そして、今ではスマホでニュースやゲームをする為に、余計になるんだろうな~ということでした。

まさにそのとおりですね。両肩は、どちらかにねじれ、肩が丸まる、という体勢になっていますね!

しかし、スマホは早くて便利で、画面も見やすいですね~

だけど見た後、目は疲れるし、その後、あまり何もしたくありませんね。(笑)

さっそく施術すると、首が前にいっていたのが後ろにいき、なんと首の骨が飛び出ていたのが、へこみました!

他、肩や骨盤、背骨の色々な調整を行ったところ、終わった時には

「頭痛が無くなりました」ということでした。

最後に立ち上がる時にも、本当になくなりました。ということで1回で頭痛が治まったということでした。

個人差はありますが、頭や首の位置や形を整えることで、頭痛や肩こり、首こりも治めていきます。

気圧の影響や、エアコンでの冷え、季節の変わり目の時期は、体が硬くなりやすいので、痛さが出やすい時期でもあるので、気を付けて下さいね。

この方も、後頭部や、おでこの形が変わり、頭痛や肩こり、背中のこりの改善になりました

脳卒中の、くも膜下出血の方が立てるようになり、4歩あるけました!

そらりすの松多です!

18年前に、くも膜下出血をされた方が、去年から、一人ではベッドから立ち上がれなくなってこられました。

それを「そらりす」の独自の整体とリハビリで、一人で立てるようになられ、棒を持ってですが、4歩あるけるようになられました。

脳の血管障害になると、普通の健常者の体とは施術後の反応も違い、時間が、かかります。

そして、拘縮(こうしゅく)も起こり、肘や手首なども折れ曲がり、半身不随により、右側は触っても感じない状態です。

よって、歩こうと思っても、足が動かなかったのが、リハビリにより、体がその負荷に耐えようと、足がしっかりしてきて、4歩あるけるようになってます!

そうやって微妙な体の調整もしていきます。

最近では、ジャニーズ事務所の社長も、くも膜下出血をされたみたいですね。

早く回復するには、身体が固まる前に、早くのリハビリが有効です。

みんな自分がそうなるとは思わずに、急に発症しますので、歳をとってくると若い時は出来ていても、今は少しゆるめ、セーブすることも大事ですね。

あとはストレスですね。答えが見つからないものは、「まぁ、いいか」と開き直ってくださいね。倒れるよりかは、よっぽどましです。

大病すると、健康の有難たみがわかります。

そして、その家族の方の介護というのも、重くのしかかってきます。はじめは大丈夫でも、長期間の何十年となってくると、無理がたたってきます。

その他に、旅行を行きたくても、その人を預けないと行けないし、なんか消極的な選択になってくるのも、いなめません。

日頃の生活習慣も、少しは振り返って出来る範囲で行いましょう。

また姿勢も血流良くなりますし、整体では、硬い所がほぐれますので、倒れる予防にもなってくると思われます。

ぜひぜひ、時間を有効に使うためにも、自分の健康を維持したいものです。

そらりす独自の整体の脳卒中リハビリの内容は、こちらです。