「改善方法」タグアーカイブ

なぜ枕を何回も変えても、寝違えるのか?首や肩がこるのか?改善方法

こんにちは、松多です!

GWも終わり、疲れも出やすい、この季節です。

私も、近くの石神井公園の池の周りを散歩しましたが、人で沢山でしたね。

ピクニックやボール遊びなど、元気よく遊ばれてました♪

さて、こちらに今までに何回も、良い枕に変えているのに、もしくは枕をオーダーメードしているのに、寝違える、首がこる、肩がこる、という方がいらっしゃいます。

たぶん、これは疲れが溜まってくると普段、真ん中にあるはずの首が、少し左側にいってたり、右側にいったり、センターの真ん中から、ずれている傾向が予想されます。

ゆがんだ姿勢
ゆがんだ姿勢

この上記のような状態で、寝て朝おきると冬の時期は特に気温が低いので、首の筋肉はカチンカチンになって、振り向けない、寝違いになったりします。

他には、首がパンパン、肩がパンパンとなってきます。

よって、痛さが無い時、ましな時は、比較的、首の位置は背骨の上のセンターにあるのでしょう。

正しい姿勢 首が真ん中、センターにある
正しい姿勢 首が真ん中、センターにある

痛いとき、寝違える時は、もうすでに首はセンターからずれて、左にいってたり、右にいってたりしていると思われます。

ここ「そらりす」では、そういった方の首を正常にセンターにしていくことで、パッと振り向けたり、肩、首が軽くなられたりしています。

そらりすの筋肉のバランス、骨のバランスをとっていくことで根本から歪みを正す考え方は、こちらです。

改善方法としては、首周りのストレッチですね。以下です。

首を上に伸ばしながら、右に倒します、20秒ぐらい、終われば、そこから上を見ます。首の前側が伸びます。これも20秒ぐらい

今度は反対側の左側も同じように伸ばしてみます。

こうやって左右バランスを整えていきます。

枕というものは、それだけではバランスがとれないので、枕を使う前にいかに整えるか!ということをしていかないと、何回も枕を変えないといけませんね。

微妙な歪みなので自分では、気づきにくいですが、これは沢山の人の身体をみさせて頂いてきたので、わかってきました。

何かのご参考になれば、嬉しいです♪

枕を変えなくても、寝違えない、首や肩が軽くなるメニューは、こちらです。