「インナーマッスル」タグアーカイブ

バスケットボールでも「スリーポイントシュートが余裕で届くようになりました。」

★バスケットボールでも「スリーポイントシュートが余裕で届くようになりました。」

こんにちは、松多です!

実家京都では、10月22日(日)に時代まつりが行われました。これは、明治時代から江戸、安土桃山、室町、鎌倉、平安時代の仮装を2000人の方がして2Km歩く、お祭りです。

葵祭、祇園祭りとともに京都の三大祭りです。友達は、時代祭りに、楠木正成になって歩いたみたいです。

写真をみましたが、面白かったです。やけに貫禄がでているのですが、素を知っているため、プッと笑ってしまいました。

さて、こちらに肩こり、首こりで来館されていた男性の方が、

身体が整ってくると、趣味のバスケットボールでも「スリーポイントシュートが余裕で届くようになりました。」

というご報告を頂きました。

こらはインナーマッスルがしっかりしてきたのと、大地をしっかり踏みしめられるようになったことも関係しています。

もちろん、肩こり、首こりも楽になったままみたいです。

このように痛さ改善だけでなく、スポーツをされている方には、こういったメリットも出てきます。^^

 

東京マラソン、青梅マラソンを自己タイムで完走されました。

こんにちは、松多です。

こちらに40代の女性の方が、30Kmの青梅マラソン、フルマラソン42.195Kmの東京マラソンの前にいらっしゃいました。

マラソンは最近始めたということでしたが、以前には、湘南国際マラソンも走ったということでした。

ここでは、マラソンの前に痛かった股関節や腰痛、四十肩の原因である、身体のゆがみを改善して、お腹周りのインナーマッスルを強化しました。

そして、マラソン後の筋疲労の回復、ケアも行いました。

そうすると、股関節、足が軽くなり1歩がスムーズに出やすくなり自己ベストタイム、東京マラソンを5時間を切った。ということでした。

本当にお役に立てて、良かったです。ありがとうございます!

骨盤臓器脱・内臓下垂・胃下垂など下にさがってくるのを防ぐ

こんにちは。松多です。

最近、内臓が下がっていると医者から、言われた。骨盤臓器脱で手術をしてガーゼをいれて、良くなってきた。胃が下がってきた。という症状の方もいらっしゃいます。

俗にいう、下腹がでてくるような感じでもありますね。

ここ「そらりす」では、そういった症状の方も、お腹周り・骨盤周りのインナーマッスル(深部にある筋力)を引き締めて、上にあげていきます。

重力に逆らって、上にあげていくことで、姿勢やアンチエイジングという効果も出てきますね!

そんな内臓を上にあげていく、下腹をへこませるメニューは、こちらです。