「肩こり」カテゴリーアーカイブ

整体と頭の調整で頭痛、首の痛み、手足のしびれがとれ1ヶ月で4Kgダイエット

いつもありがとうございます、松多です。

9月になりました、涼しくなり、過ごしやすいですね。

さて、ひばりヶ丘在住の50代男性の方で、今まで7年間お薬に頼られていた頭痛をなくすために施術をしております。

まだ1ヶ月ちょっとですが、整体で身体全体を整えたので、フラフラしていた足取りも、しっかり歩けてきた、ということです。これは頭痛のためにフラフラしていたのではなくて、足や股関節、骨盤の関係からきていたと思われます。

そして、頭痛、首の痛み、肩こりはデスクワークということもあるのですが、頭の骨、すなわち頭蓋骨(ずがいこつ)も、ずれていました。

しかし、ここ4,5回の頭の調整で、お薬に頼らなくても、頭痛が出なくなってこられました。そして手足のしびれも無くなってきた。ということでした。

そして、別に痩せたい、ダイエットしたいということでは無かったのですが、体重も1ヶ月ちょっとで4Kg痩せたということでした。

身体全体が整って、頭も調整すると、このように頭痛はもちろん、自律神経失調症の方やめまい、更年期障害の改善にも繋がります。

そして流れもよくなるのか、体重も痩せる方も多いです。もしくは体重は減らなくても、引き締まる方も多いです。

それが美容の小顔や眼の疲れ改善から、眼がパッチリにもつながります。^^

本当にたくさんの人を施術をさせて頂いておりまして、各々の方の変化、結果を直接みておりますので、身体を整えるというのは大切なのですね。

身体がゆがんでいると、本来、持っている修復する力、健康でいられる力が使えない訳ですからね。

ぜひ、この方も薬を頼らずとも頭痛がしなくなり、仕事に集中できるようになって頂きたいですね。

全身整体と頭を調整することで、頭痛、首のこり、痛み、肩こりをなくしていくメニューはこちらです。

折り紙ひな祭りと歌舞伎座の開運小判

いつも、ありがとうございます、松多です。

もうすぐ「ひな祭り」ですね♪

娘さんや女の子がいらっしゃるところは、出されるのでしょうか?

「そらりす」にも、ささやかながら、飾らせて頂きました、じゃ~ん!

折り紙ひな祭り

いいですよね(笑)、手作り折り紙「ひな祭り」です!

こちらは以前に「松ぼっくりで作った手作りツリー」を作った方から、頂きました。

折り紙ひな祭り

こちらも、ボランティア活動の一環で行われるイベントで、子供たちに教えられました。

子供には難しく、なかなか折れなかったみたいですが、折れると、すごく喜んでいたみたいです。

手が器用でないと、できませんが、まぁ整体の観点からみると、首が前にでて、肩が内に入り、首、肩がこりやすくなるリスクは、ありますね。

しかし、手は皆が喜ぶことをしていく為に、神様から頂いたものですから、こういう時は、使ったほうがいいのですよね!(笑)

やはり手作りは、いいですよね、私の施術も全て手だけですから、なんか共感できます。

Sさん、いつもありがとうございます。^^

その他に、2歳半ぐらいのお子様といらっしゃってます方から、歌舞伎座で「桃太郎」を見てきた、ということで「おみやげ」を頂きました!

焼き菓子と一緒に、こんな小判も入っておりました。

開運小判

なんと、これは「開運小判」でした!

徳川家康が1601年に初めて鋳造し、徳川幕府の貨幣制度の基礎を作った小判を再現したものみたいです。

金運、開運のお守りになるみたいです、面白いですよね。

そして、もっと面白かったのは、箱の表面に書いてあった言葉、

「お代官様、ひとつこれで、よしなに」(=よろしく、いいぐあいになるように)

「おぬしもなかなか悪じゃのう」でした。

当時は、こういうことも多かったでしょうが、この言葉の悪いことと、金運・開運のお守りといったギャップもいいですね!

と、思いきや最後には、いい言葉が書いてありました。

「人生は是 断じてつる

仁の心を高く保ちて出世し、その名を成さむ

その志を遂げんために此の小判を用うるべし」

Kさん、Sちゃん、ありがとね。^^

そんな皆様に支えられている「そらりす」のホームページは、こちらです。

 

西東京市のボイストレーナーの先生より:顎関節症もよくなり、小顔にもなり歌のパフォーマンス力アップ

こんにちは、松多です。

こちらに38歳女性で西東京市内でボイストレーナーをされています、アサイさんより感想文を頂きました!

元々、アサイさん自身が、顎関節症(がくかんせつしょう)で声の出しずらさを感じられていて、

顎(あご)が歪んでいると、肩こりもひどくて夜もぐっすり眠れず疲れがたまってきていた状態で、「そらりす」にいらっしゃいました。

その状態から身体全体と顎、頭蓋骨の施術、調整を行っていくと

「普段の姿勢が変わり、同時に顎関節症もよくなって、明らかに声の出が変わりました。」ということでした。

アサイさん曰く

「歌は身体が楽器」とよく言われます。

楽器の調子が悪いと、いい声はなかなか出るようになりません。

身体の歪みを直すことで、必ず歌のパフォーマンス力がアップします。

歌をやっている方みなさんにぜひ、おすすめです。

と、いうことでした!

このように本人も、姿勢や声の出、また顔が変わられたことを身をもって実体験されることで、このようにおっしゃっています。

毎日、顔をあわす旦那様からも、「顔が変わってきたね」と言われれるぐらい、変化があったみたいです。

普段アサイさんは、高い声や、いい声を導いていく指導をされていますが、やはり「身体が楽器」と言われているように、本人の身体が歪んでいると、教えていくにも限界があります。

特に首が硬いと、高い声、裏声が出ないみたいなので、そこを柔軟にしていくことが必要になります。

しかし首を柔らかくするためには、肩の位置も重要だと、肩の位置がいい位置にくれば、腹圧が入り、声のパワーも高まると

それをしっかりとした土台を築くためには、しっかりとした足にしていく、ということで、極めようと思えば、全身が関わってくるということになります。

ひとつの身体なので、全部が繋がっているので、関連性がでてきますね。

その自分の体の癖を、ここ「そらりす」で知ることで、それをどのように綺麗にしていくか、ということで、色々アサイさんは、こなしてこられました。

「これは、これでいいんですか?」「やっぱり、こうなっています」といったことを繰り返し、気付き、身体がフィットしてきて、それが慣れ、快適になり、身体が変わる、というふうになります。

ちなみに、ここで提供しておりますメニューは、皆さんが絶対にできる動きなので、安心してくださいね。それに、それを一緒にやっていきますので、簡単なのです。

そうやって「身体の楽器」の大元の身体を整えたうえで、声の指導、ボイストレーニングを受けていくと、遠回りのように思えて、早くいいものを身に付けられると思います。

ここには結構、プロ、アマチュア問わず、音楽関係の方、ピアノやバイオリン、歌うたい手の方がご来館してくださっています。

日本は、あまりこういった音楽関係の方の身体の手入れということでは遅れているみたいで、

本場ヨーロッパでは、こういった整体、ほぐすだけではなく、筋力をも考慮して、つけていく、というのが行われ、長くプロ生活を送れるような環境になっているみたいです。

ですので、いいものを築いていこうとする時は、始めはパワーはいりますが、小さな一歩からですね。

また、お蔭様でアサイさんは、伸びしろがあられる生徒さんに「そらりす」のことを紹介して頂き、何人かいらっしゃっています。

有難うございます!

そうやって身をもって感じて頂き、いいサイクル・循環で社会に貢献していければと考えております。

変われた喜びは、のちのち「健康は財産」になってくるでしょう!^^

このように顎関節症がよくなり、声の出が変わり、歌のパフォーマンス力がアップするメニューは、こちらです。