「手のこわばり・ばね指・指や手の痛さ」カテゴリーアーカイブ

折り紙ひな祭りと歌舞伎座の開運小判

いつも、ありがとうございます、松多です。

もうすぐ「ひな祭り」ですね♪

娘さんや女の子がいらっしゃるところは、出されるのでしょうか?

「そらりす」にも、ささやかながら、飾らせて頂きました、じゃ~ん!

折り紙ひな祭り

いいですよね(笑)、手作り折り紙「ひな祭り」です!

こちらは以前に「松ぼっくりで作った手作りツリー」を作った方から、頂きました。

折り紙ひな祭り

こちらも、ボランティア活動の一環で行われるイベントで、子供たちに教えられました。

子供には難しく、なかなか折れなかったみたいですが、折れると、すごく喜んでいたみたいです。

手が器用でないと、できませんが、まぁ整体の観点からみると、首が前にでて、肩が内に入り、首、肩がこりやすくなるリスクは、ありますね。

しかし、手は皆が喜ぶことをしていく為に、神様から頂いたものですから、こういう時は、使ったほうがいいのですよね!(笑)

やはり手作りは、いいですよね、私の施術も全て手だけですから、なんか共感できます。

Sさん、いつもありがとうございます。^^

その他に、2歳半ぐらいのお子様といらっしゃってます方から、歌舞伎座で「桃太郎」を見てきた、ということで「おみやげ」を頂きました!

焼き菓子と一緒に、こんな小判も入っておりました。

開運小判

なんと、これは「開運小判」でした!

徳川家康が1601年に初めて鋳造し、徳川幕府の貨幣制度の基礎を作った小判を再現したものみたいです。

金運、開運のお守りになるみたいです、面白いですよね。

そして、もっと面白かったのは、箱の表面に書いてあった言葉、

「お代官様、ひとつこれで、よしなに」(=よろしく、いいぐあいになるように)

「おぬしもなかなか悪じゃのう」でした。

当時は、こういうことも多かったでしょうが、この言葉の悪いことと、金運・開運のお守りといったギャップもいいですね!

と、思いきや最後には、いい言葉が書いてありました。

「人生は是 断じてつる

仁の心を高く保ちて出世し、その名を成さむ

その志を遂げんために此の小判を用うるべし」

Kさん、Sちゃん、ありがとね。^^

そんな皆様に支えられている「そらりす」のホームページは、こちらです。

 

手先のしびれが、とれました!(胸郭出口症候群)

★手先のしびれが、とれました!(胸郭出口症候群)

こんにちは、松多です。

先日、手の指がしびれているという方に、肩から首に、かけての筋(すじ)をほぐすことで、しびれが取れた。ということでした。

なんという早くに、しびれが治まるんだ。と思いながらも、これは胸郭出口症候群なんでしょう。

首が少し前にいき、肩も上がりがちでした。

それで、また再発しないように日常の生活のしぐさの癖や対処法をアドバイスさせて頂きました。

膝と腰の改善で来館されており、だいぶ良くなられてたのですが、こういう2次障害が起こってきます。

やはり、何でも早めに手を打ち、改善していききたいところです。

そのメニューは、こちらです。

 

ゴルフをされる方・女性の方は、手の指や手首が痛くなりやすいですね。

★ゴルフをされる方・女性の方は、手の指や手首が痛くなりやすいですね。

こんにちは、松多です。

最近、雪が降り始め、交通機関にも影響がでてきたり、自分たちの体も気をつけていきたいものです。

さて、手首や指が痛い、開きにくい。という声も多くなってきています。

ゴルフをされている方、そして女性の方に多いです。

ゴルフで球を打つとき、手首を返すことで距離がでるので、それをされる方は、痛くなるし、手の形も変形してきます。

その他に手を使う女性の方は、昔から家事や縫物、掃除やパソコンなどしている時間が長い方程、不調になってきます。

よって全体を整わせて、肩や肘、そして手首、指の調整もしておくと、軽く、循環もよくなり快適でしょう。

猫背や頭が前にいっていたのが改善された為、病院の薬も今は飲まなくても手のしびれは気にならない程になりました。

★猫背や頭が前にいっていたのが改善された為、病院の薬も今は飲まなくても手のしびれは気にならない程になりました。

こんばんわ、松多です。

38歳の男性のI.Kさんから、お喜びの声を頂きました。しかもビフォーアフター写真付きです。

この方は、右手のしびれの為、来館されました。

猫背や頭が前にいっていたなど姿勢の歪みで、首周りの神経が噛まれるというか挟まる感じになったため、しびれが出てきたのでしょう。

写真にもあるように、猫背や頭の位置が改善されることで、今では薬を手放せ、そして、手のしびれも気にならない程になった!ということです。

本当に良かったです。お若いので、まだまだ元気に働いてもらわないといけないですからね。(笑)

その感想文とビフォーアフター写真はこちらです。

 

朝の手のこわばり・痛さ、ばね指について

★朝の手のこわばり・痛さ、ばね指について

こんにちは、松多です。

寒くなってくると肩を挙げて、熱を発生させて、体を温めようとするので肩こりや首・背中がこりやすくなります。

それと同時に今まで使ってきている手や指も開きにくくなったり、朝おきたとき、手がこわばり広げられない。という声も多く聞きます。

そこから、ばね指や痛さにも、つながってきますね。

そうすると、その指でだましだまし月日を過ごしていると、無理がたたり、肩こりや首こり、頭痛や歯痛、目の疲れにも発展する可能性が高くなります。

その前にしっかりと疲れ、硬さをとり、快適な手に戻しておきたいですね。

90歳にもなる、この方もつい先日、指を調整させて頂きました。