「ぎっくり腰」カテゴリーアーカイブ

ぎっくり腰、腰痛にならない方法=再発しにくい姿勢は、S字カーブと左右対称の骨盤がいいですね!

★ぎっくり腰、腰痛にならない方法=再発しにくい姿勢は、S字カーブと左右対称の骨盤がいいですね!

いつも有難うございます、松多です!

今回、55歳女性のS.Hさんから

「ぎっくり腰が良くなり、仕事をしていても再発せずに動けている」

「数ヶ月すると、ウエスト・腰回りが細くなり、お腹も少しへっこみました。」

と、いうお喜びの声を頂きました。

初めて見た時、腰が3次元で歪んでいました。

そして横からの背骨のカーブ=S字カーブがありませんでした。

やはり、ぎっくり腰になるのは、骨盤や背骨、特に腰椎が正しい位置にない場合が多いです。

そして、ぎっくり腰にならない為には、もしくは再発しない姿勢は、

1.まずは左右対称の骨盤

2.そして、S字カーブのある背骨

が必要になると思います。

そして実際、S.Hさんに綺麗なS字カーブが出来ました。

西東京市ひばりヶ丘のぎっくり腰改善例
西東京市ひばりヶ丘駅の整体+骨盤矯正「そらりす」のぎっくり腰改善例S字カーブ

このようにS字カーブができて、骨盤も左右対称になられました。

このように変わられましたので、多少、日にちがたち仕事をされても、痛さが出てこられていません。

人により、ゆがみやズレ、背中のカーブは違うので、その方の体に合わせた整体施術メニューとなります。

骨盤周りや腰周りが硬くなると、限界がきて腰痛、ぎっくり腰になりますので、柔らかくしておくのも予防にはなりますね。

このS.Hさんが受けた、ぎっくり腰にならない為のコツがわかるメニューは、こちらです。

ぎっくり腰にならない為のコツを教えて下さり忙しい時もなんとか動けています。東久留米在住の方の事例

★ぎっくり腰にならない為のコツを教えて下さり忙しい時もなんとか動けています。東久留米在住の方の事例

こんにちは、松多です!

55歳のS.Hさんから「ぎっくり腰が良くなり、仕事をしていても動けます。」というお喜びの声を頂きました!

初め、いらっしゃった時には、腰や骨盤がすごく、ねじれてました。

これをS.Hさんは感想文の中で、三次元で、と書かれてますが、そうでしたね。

それを綺麗なニュートラルな姿勢、骨盤にするために、数種類のメニューを入れて変わられました。

見た目も腰回りも、足もほっそりされました。

現在は1ヶ月に1回、施術に来られてますが、仕事をしても腰が痛くなることがない、ということで順調です。そこから更に細かく整えていきます。

それプラス、上半身も整えつつ、体力もつけていってます。

このように痛みが出ない体になってくると、自然と細くなってきやすく、そして健康的になってくるので、体力もついてきます。

S.Hさんの、綺麗になった横姿の背骨がS字カーブになった写真と感想文は、こちらです。

 

ストレスが原因でもう治らないと思ってましたが、身体にも原因があったのですね、もっと早く来れば良かった

★ストレスが原因でもう治らないと思ってましたが、身体にも原因があったのですね、もっと早く来れば良かった

こんにちは、松多です。

腸炎で体調が悪く、身体もむくみ、食べることが好きなので、たべてしまうと、すぐに太っていた女性の方から、最近

「ある体操をしたら、食べても太らなくなり細くなり、むくみもましで、腸炎もましです。

ストレスが原因でもう治らないと思ってましたが、身体にも原因があったのですね、もっと早く来れば良かった」

というご感想を頂きました。

骨盤や肩のねじれが強く、身体のとおりが悪かったのですね。その体操をすると、そのねじれがとれ、綺麗にまっすぐになるのですね。

身体がよくなってくると、もっと食べたくなると思ったのですが、反対に食欲もわかないようになってきました。というご感想も頂いております。

身体が調和されてくると、もろもろのことも勝手にちょうどいいように調整されてくるのですね、良かったです!

このようなメニューは、こちらです。

背中や腰が痛い方へ、ぎっくり腰になり前にかがめない方へ

★背中や腰が痛い方へ、ぎっくり腰になり前にかがめない方へ

こんにちは、松多です。

最近、雨や曇りが多く、身体も冷えて痛さが溜まる方も多く見受けられます。

そういった方の中で

背中や腰が痛い。ぎっくり腰になって朝、怖くて、顔を洗う時に前にかがめない。

と、いう方もご来館されております。

やはり背中面の筋肉がパンパンです。それに身体も歪んでいるので余計に張ってきます。

その状態で、ぎっくり腰になると、張り過ぎて、顔を洗う時、前にかがめば痛さが出ますので、余計に痛くなるのではないかと恐くなり、前にかがみにくい。ということになるのですね。

そういった方々は、背中が張っていますので、こちらの方のように、ちょうどいいところに姿勢を改善すると、痛さもとれてくるのですね。